釣果情報

6月29日(月)N様の釣果情報です。

6月29日東京湾奥釣果情報-フッコ&ボラのウハウハフィーバー-
 
 前回の群れセイゴフィーバーから群れからはぐれ居着きセイゴ化した
魚を追いかけて遊びにいきました。
潮は小潮(個人的には大好き)上げ9分からのスタートです。
 まずはミノーで手早くサーチ。
数投目でグン!っとヒット!「おー、走る走る」
上がってきたのは・・・ボラ。うーん、何でがっつりベリーに食ってくるんだろう??
同じストレッチを流すともう一発ヒット!今度はドラグが止まらない!竿を立てて
必死にこらえ、何発もの突っ込みに耐えて上がってきたのは
・・・やはりボラ(笑)
 潮どまりを迎えたので甘いものを補給しながら潮が動き出すのを待ちます。
 「さて、活性の上がったボラを釣りますかね(笑)」と潮の通りの良いストレッチを
ミノーで流すと水面がドバン!と割れてヒット!エラアライ連発でよく暴れる
40cmクラスのフッコ(私的には40cmを超えたらフッコ扱い)
 同じように水面直下でミノーを躍らせているとまたまた水面爆発!
が、乗らず・・・。
 そこでシルエットがはっきり出る真っ黒ミノーにカラーチェンジ。
これが大当たり!岸際40cmのシャローエリアでボコボコヒットしてきます。
水面直下の釣りなのでバイトが激しい!楽しすぎるー!
 サイズは40cmから45cmくらい。ちょっと痩せているけど回遊型独特の
激しい引きでセイゴロッドがぶち曲がり!ドラグが快音を立てます。
そろそろ時合落ちかな??あと1匹釣れたら帰ろう、と釣っていくと
ビックリするくらいの水面爆発!同時に猛ダッシュ!
「やべー、想定外サイズか・・・・」とひたすらダッシュ&テールウォークに耐えます。
ドラグは鳴りっぱなしで寄せては走られの繰り返し。
ようやく水面に上がってきたのは50cmジャストのフッコさん。
細軸フックでよく上がったもんだと感心感心。
 ファイトが長引いたのでじっくり蘇生して自力で泳ぎだすのをゆっくり待ち
泳いでいったのを確認して本日の釣り、終了です。
 最終釣果はボラ2匹、フッコ5匹。満足満足な釣りでした。
 
NのPEライン考察
 
 PEラインの巻替えまたはひっくり返しのタイミングですが基本的に私は
1シーズンでひっくり返します。ただし0.8号までの話。
 0・6号とか0.4号とかになると別の目安があります。
それは「撚りによるライン痩せ」
 ラインが痩せるほど撚れると結束部の強度がかなり落ちます。今のリールは
優秀なので多少撚れてもライントラブルに繋がらないですが結束強度不足での
ラインブレイクはかなり落ち込みますので結構神経を使います。
 ライン痩せの判断は新品のラインをノギスで測っておいて3分の2くらいまで
痩せたら巻替えorひっくり返しをします。
0.8号とかだとそんなに変わらないけど細いPEはライン痩せの影響が顕著に
でます。特にドラグがガンガン出るような釣りをすると撚れが一気に進行します。

 ラインブレイクで悲しい思いをしないための参考になれば幸いです。

6月26日(金)N様の釣果情報です。

東京湾奥釣果情報-群れセイゴ連発!-

久しぶりにセイゴと遊びたくなり行きつけのセイゴポイントにふらっと遊びにいってきました。
開始は23時、満潮の潮止まりからスタートです。
岸際にはイナッコが沢山。これは期待が持てそう、っといきなりヒット!
ダバダバと変な暴れ方をするので不思議に思いながら寄せてくるとボラ!ミノーのベリーをがっつり食ってます(たまにこういうボラがいるのです)
ボラが食うくらいなら活性は高そう、と判断。
ミノーの高速トゥウィッチで流していくとグン!とヒット。同時にジャンプ2連発!楽しー。何度も突っ込みドラグを引き出して上がってきたのは40ちょい越えの大きいセイゴ(表現がおかしいwww)
が、後が続かずしばらく沈黙。
暑さで汗ダラダラなので水分補給しながら水面を眺めていると潮が動きだし岸際のイナッコ達が少し沖に動き始め…
地合突入!
岸際1mをミノーで流していくとヒット!
これまたよく暴れるナイスファイト。
35cmくらいのナイスなセイゴ。
ファイトが長引いたのでじっくり休ませてリリース。
そうこうしているいちに待望の風が吹き出しました。
ここから連チャンタイム突入!
もう、釣れる釣れる!サイズは35cm~45cmくらいのが延々食ってきます。
楽しすぎるー!
イナッコが完全に沖に出切ったのと同時に地合終了。
僅か一時間ちょっとの爆釣劇でした。
粘ればもう少し出そうだったけど眠気に勝てずストップフィッシングです。
結局9バイト8ヒットでバラシ無し。セイゴゲームとしては驚異的なキャッチ率です。
いやー、満足満足。


オマケ
私はセイゴゲームでは細軸バーブレスを好んで使います。というかプラグはほとんどバーブレスです。
理由は
・さっさとリリースしたい
・針を外すときに暴れられて怪我をしたくない
・細軸なので根がかりしても伸ばして回収できる
・貫通力があるので竿が柔らかくてもしっかり掛かる
・細軸だからフックを1サイズ上げられる
メリット沢山です。
あんまりバレるってことは感じないんですよねー。だいたいバレる時ってタックルバランスに問題があったりします。
まあバーブがあろうが無かろうがバレるときはバレます(笑)なので私は色々楽チンなバーブレスで遊んでます。

ちなみにバーブレス有り無しでガイドセッティングが微妙に変わってきます。
本当に微妙(5mmとか)この辺はオリジナルロッドの強みですね。

6月20日(土)いつでもヒーロー様の釣果情報です。


●釣行日:6月20日
●魚種:スモールマウスバス
●サイズ:45.5cm
●場所:桧原湖
●ルアー:ゲーリヤマモト=ファットイカ

●釣行日:6月20日
●魚種:スモールマウスバス
●サイズ:43cm
●場所:桧原湖
●ルアー:ゲーリヤマモト=ファットイカ
※40cmUP14本、全部で30本以上釣ったそうです!

6月18日(木)サイキック様の釣果情報です。


●釣行日:6月18日
●魚種:ラージマウスバス
●サイズ:32cm
●場所:河口湖
●ルアー:メガバス=SR-X グリフォン

●釣行日:6月18日
●魚種:ラージマウスバス
●サイズ:33cm
●場所:河口湖
●ルアー:メガバス=SR-X グリフォン

/blog/