釣果情報

トップ | 釣果情報

10月14日(日)HIBIKI様の釣果情報です。


●釣行日:10月14日
●魚種:マルアジ
●サイズ:34cm
●場所:千葉県内房湖
●ルアー:スピンテールジグ


10/9(火)&10/11(木)N様の釣果情報です。

10月9日~10月11日フィッシングパル佐野&宮城アングラーズビレッジ釣果情報

もう二度とやらない(笑)
 
 かみさんに誕生日は何が欲しい?と聞かれ冗談半分で身体が動かなくなるまで
釣りがしたいな~、と答えたらお小遣いを渡され「好きなだけ行っておいで―」と(笑)
 当初は日本海まで出てウケクチウグイを狙おうかと思ったのですが台風通過後で
河川は壊滅状態と予想がつきます。日程と予算、体力を考え管釣三昧をすることに
決定(セッティングを変更したAGS搭載ルーミスのテストも兼ねて)
今回の釣果情報はとてつもなく長いです。なるべく簡潔にしたいですが各釣り場の
特徴とか攻略パターンとか偏見に満ちたNのルアーセレクトとか・・・。まあ流し読み
してください。
 
10月9日宮城アングラーズビレッジ(6:00~21時)
 
 三連休で叩かれまくっているであろう宮城アングラーズビレッジ(以下MAV)を
初日にチョイス。理由は単純に三連休対応の放流と残存個体が多いだろうと。
 朝3:30出発。高速に乗り一路MAVに向かいます。
途中のサービスエリアでおにぎりとポカリスエット、栄養ドリンクを購入。準備万端です。
5:30に現地到着。さすがに30分前だと人がいないだろう、と思いきや先客2名。
皆さん好きですなー(笑)
 6:00開場でまずは中池で沢山いるであろうバスを狙うことにします。半周して見えバス
チェック。案の定見えバスは少ないのでトップは諦めミノーで表層を狙っていきます。
スイープなソフトトゥイッチで漂わせるとグン、と気持ちの良いアタリ!上がってきたのは
レギュラーサイズのバス君。うーん、あんまり引かないし、ちょっとやせ気味?
同様の釣り方でオープンスペースを撃っていくとパターンにハマりどんどん釣れます。
朝一のプライムタイムで8匹ゲット!
 で悶絶タイム突入。レンジを落として障害物周りをシャッドで撃っていくも散発的に
釣れるだけで満足できる釣れ方とは程遠い・・・。
 ここで期待のMAV名物ベイトフィッシュぶん投げタイム。今回はウグイということで
実績の高い、とされるドックXジュニアコアユスライドシンカーをチョイス。
ウグイがぶん投げられるとストライパーやらデカバスが食いまくります。手首が痛く
なるほど高速ドックウォークを繰り返しますが残念ながらバイト無し・・・。
だいたい15人くらいが同じような釣りをして2人から3人がキャッチしているので
決してハズレではないのですが・・・。で、高速引きが有効とされる中で一人フローティング
ミノーに変えて円盤ストラクチャー周りを優しくトィッチするとガン!と強烈なバイト!
右へ左へ走りまくるストライパー君。バットパワーに任せて一気にストラクチャーから
引きはがして足元で弱るまでファイト!暴れ疲れたところをネットイン。
何だかんだでやっぱりラパラは強いなーと満足。
 ウグイ効果も一段落して再び悶絶タイム(笑)手を変え品を変え色々試すと、どうやら
クランクの等速引きが一番楽に魚を釣れてくることが判明しました。本音はもう手首が
きついので投げて巻くだけのルアーに変えたらパターンにハマった、という感じ(笑)
ポツポツ数を稼いでいきますがやはりハードベイトオンリーではなかなか苦しい・・・。
 16:45に再びウグイタイム。今度はすぐに投げず捕食の様子をうかがっていると
どうやら水面下30cmくらいで捕食しているようです。トップではレンジが合わない、
と判断し今度はシンキングミノーの2段しゃくりで水面下を責めていくとガン!と
ナイスなバイト!サイズは50cmくらいですがこいつも中々引きます。
杭に巻かれないように一気に足元まで寄せて弱らせますが何度も突っ込むので
リーダーが心配・・・。何とかネットインさせて2匹目のストライパー君ゲット!
 ナイターに突入しようか迷いましたが終了間際の超絶フィーバータイム対応の
ルアーを受付で購入したのでナイターゲーム決定!
クランクをブレイク沿いに流していくとポツポツ釣れますがいかんせん朝一から延々と
釣っているので集中力が途切れぎみでバラシが多発・・・。
そんな感じで終了間際になり期待の餌やりタイム開始!
スタッフさんがペレットを撒きまくるともう池中大フィーバー!
ここで秘密兵器「ナベピンポン」という丸型のフローティングルアーを投げると
奪い合うようにアタックしてきます。あっという間にヒット!速攻で寄せて再び投げると
もう一発ヒット!これも中々の引きですがお構いなしに足元に寄せてフックを外し、
もう1匹!と意気込みますが魚たちのスイッチはオフになりました。うーん、残念。
 そんな感じでヘトヘトになり本日の釣りは終了です
疲れた身体に鞭を打って佐野サービスエリアにある宿に23時に到着。
翌日のパル佐野対応のルアーにボックスを入れ替え就寝。
 
10月10日フィッシングパル佐野(6:30~17:00)
 
 6時にセットしておいたアラームが鳴る直前に覚醒。どんだけ好きなんだ??(笑)
現地に6:20到着。先行者は2台。やはり皆さんお好きですな~。
チケットを発券してもらい、朝一の定番スポット、南池の排水溝をミノーで攻めると
見えバスがチュポっとバイト。3匹をゲットしたところで排水が止まりフィーバータイム
終了。
岸ギリギリをミノーで引いてくるとグン、と抑え込むようなバイトが連発!
これはパターンハマりでウハウハ?と喜んだのも束の間・・・。9時を過ぎる頃から
悶絶タイム突入・・・。クランク投げ、シャッド投げ、ミノー投げ、スピンテール投げ、
とにかく投げまくりますが数匹を何とか絞り出しただけで既に12時。
 このままではヤバい、ということで禁断のワームを現地購入(泣)
円盤に乗せてから、そっと引っ張り、ポチャッと落とすと即ヒット!(ワームスゲー)
沢山ある円盤周りを同じように攻めるとポンポン釣れ出しました。
円盤の際にキャストしてもバイト無し。円盤に乗せてから落とすと即バイト!
うーん、この違い、何なんだろう・・・。
 15時を回る頃から魚の気配が岸際に感じたのでポッパーで草の張り出しを攻めると
チュポっとバイト&ヒット!結局5発出て3匹キャッチ(2匹はバラシ)
終了30分前にカットテールで岸そばの杭を打っていくと面白いようにヒットが続きます。
結局ワームのストックが切れて16:50に終了。やはりワームは強いなー、と実感。
 明日のMAVは悶絶タイムにワームを使おうと近くの釣具店でイモ30とカットテール、
3インチセンコーを購入(もうなりふり構わず・・・)
宿は15分くらいで帰れるのでゆっくりと佐野ラーメンを食べ宿にチェックイン。
明日のMAV対応ルアーに入れ替え禁断のワーム3袋をバックの奥に仕舞い込み就寝。
 
10月11日最終日 宮城アングラーズビレッジ(6:00~17時)
 
 旅もいよいよ最終日。栄養ドリンク3本飲んで気合十分!
5:30に現地到着。先行は1名。発券が始まる6:00になってもあまり人が来ない・・・。
プレッシャーが少ないのは良いことです。
 朝一は一昨日同様にミノー、クランクで拾い、悶絶タイムはワームでしのぐ予定。
狙い通り、朝一はミノーで表層、クランクで中層を狙い6匹ゲット!
さあ、ワームの出番!キャスト、ちょんちょん、放置・・・あれ?釣れない・・・。
杭をセンコーでフォールさせたり馬の背をイモグラブで狙うもポツポツ釣れるだけで
全然数が伸びていきません。ムー、やはり慣れない釣りで耐えるのはしんどいです。
 ここで朝のベイトフィッシュばら撒きタイムのアナウンス。今日は稚鯉を放流しまーす、
と皆さん一気にルアーチェンジして稚鯉を待っています。竿からぶら下がるルアーを
見ると大体がオレ金をチョイスしています。私もボックスからCD7のオレ金をチョイスしますが
ちょっと考え、カラーをコンスタンギーゴ(通称ユデエビ)白の膨張色にオレンジの縦模様。
稚鯉がばら撒かれみんなで一斉にキャスト。私はちょっと待ってボイルが沈んだところで
キャストし軽く2段シャクリ。途端にガガンと強烈なバイト!読み通りの1匹は嬉しいですね。
同様のパターンでもう1発掛けますが、何とラインクロス・・・。残念ながらバレてしまいました。
 魚が表層を意識し出したのでストラクチャーに付く見えバスにカットテールを投げると
サクッと釣れました。足元の一見やる気のない魚もちょっとアプローチを変えて攻めると
急にスイッチが入るので中々面白い。
 ここで本日2度目の稚鯉ばら撒きタイムのアナウンス「川池で稚鯉を放流しまーす」
そそくさと川池まで上がり稚鯉を待っているとやってきました、稚鯉満載のバケツ。
スタッフさんがポイポイ投げると水面直下でバフバフ食っています。やはりレンジは下?
CD7のユデエビで表層をシャクリ、フォール。次の瞬間ロッドがひったくられました。
おお、引き引く!ブワンと水面に姿を見せたのは60オーバーのストライパー。
ドラグを調整しながらじっくり寄せて無事にキャッチ。うーん、ラパラは偉大だ(笑)
 悶絶タイムを慣れない釣りで過ごすなら、いっそアメキャでも狙おう、ということで下池に
移動しマス針+ペレットサイズにカットしたGULPを水車脇の流れのヨレにキャストして放置。
軽くたるんだラインがスッと走ったところでフッキング!途端に強烈なダッシュ!うんうん、
やはりアメキャは引きますねー。50cmクラスのアメキャにたまに60オーバーが掛かり
毎回ダッシュ。私の手首は悲鳴をあげます(笑)アメキャだけで8本ゲット。正直もうアメキャは
いいや、ということで座り込んでいるとスタッフの人が「投げないんですか―??」と聞かれ
もう、アメキャだらけで手首が死にそうです。最後にストライパーでも掛かればいいんですけど
そう上手くはいきませんよねー、と答えると「じゃ、ストライパー釣りますか。」と軽い返事。
ナマズタックルはそのままでスタッフさんの言われたところにキャストすると、そこにめがけて
ペレットをポイポイしてくれます。「ラインでアタリを取るんですよー」と言われますがすでに
薄暗く「ライン見えないです・・・泣」
「ロッドをこうしてみると暗くてもラインが見えますよー」とアドバイスをもらい言われたとおりに
すると、おお、ホントに見える。
 そしてその時はやってきました!ツン、とラインが張り全力フッキング!同時に強烈なダッシュ!
2kg設定のドラグでは止まらずノッチを締めてバットパワーで何とか抑え込みますがそれでも
止まりません。今度は横方向に走り、水車に向かっていきます。ドラグを更に締め何とか顔を
こちらに向けると再び沖に向かってダッシュ。ヒー、止まらないー。アメキャってこんなに引きましたっけ?
聞くと「さー、何が掛かってるんでしょうね~」とのんきな返事。右手だけでは支えきれないので
左手を添えながらひたすら寄せて、走られての繰り返し。
ようやく上がってきたのは70オーバーのブクブクに太ったデカストライパー!ボガグリップで何とか
キャッチしますが重たくて片手では持てません。ロッドを置いて両腕で持ち上げやっとキャッチ!
スタッフさんとハイタッチしてじっくり魚を回復させてリリース。もはや腕はガクガクを通り越して
感覚がほとんどありません。左手でタックルを持ちレストハウスへ行き一服したところで17:00を
迎えました。ナイターは??無理無理(笑)足、腰、腕、指、もう五体が満足に動かないので
ストップフィッシングです。
 はー、釣りきった釣りきった。もうお腹いっぱいです。
帰りはトコトコ下道で帰路に着きました(パワステ付いてないので交差点は拷問www)
翌日、翌々日は寝たきり&廃人状態・・・。もうこんな釣りしない(苦笑)
 
今回の遊んでくれたお魚さんたちの総計は
・ブラックバス81匹(20cm~40cm)
・ストライパー7匹(50cm~70cm)
・アメキャ11匹(50cm~70cm)
*各釣り場ともマットの材質問わずサイズ計測は不可なので目測&ロッドに付いている簡易メジャー
にて測定。
 
釣り場の特徴
・フィッシングパル佐野
 営業開始時間が6:30と少し早め。この時期ならいいけど7月8月とかだともう少し早いといいですね。
池のコンディションはとにかくアオコがすごい。もうマットカバーか?ってくらい。かといって水車周りの
動く水ではほとんどヒットなし。必ずしも水が動いているところが良いとは限らないです。
ハマればハードルアーで連発しますが基本はライトリグ系が安定。私のようにこらえ性がない人は
数は出ないものの、ひたすらクランクを投げていると釣れたりします。群れに当たればそこで粘りますが
基本はランガンでとにかく撃つ!
 レギュレーションは原則バス持ちNG等、関東の管釣の中でも屈指の厳しさ。癖のあるオーナー氏の
性格もあいまって土日は怒号が飛び交うそうです(笑)
何故か癖のある60代前後の人には好かれます。不思議・・・。
 厳しいレギュレーションも相まって、魚のコンディションはとても良く、レギュラーサイズでもなかなかの
ファイトを見せるので「良いサイズ?」と思ってあげてみると25cmくらいなのでビックリ。
ムチムチに太った典型的な放流バス、って感じですね。ライトリグが苦にならない人にはお勧めかも。
イモ、カットテール、センコーあたりをローテーションさせれば飽きない程度に釣れると思います。
 なお、ホームページの「コンディション」の情報はかなり正確です。前日と天候が変わらない、とかの
同一条件であれば前の日のパターンがそのまま通用しますが秋は天候が変わりまくりですからね・・・。
ちなみにオーナー曰く定休日明けの金曜日はかなり楽しいらしいです。(それを狙って人も増えるそうです)
 
・宮城アングラーズビレッジ(MAV)
 営業時間は6:00~21時までと関東の釣堀としては最長。耐久フィッシングには最適ですが釣れない時の
長丁場は精神的なダメージが大きいです(笑)
 ストライパー、アメキャといった色物もいるのでその日の戦略をたてて遊べるのも特徴です。
ストラクチャーは豊富ですが撃てば釣れる、といったイージーさは無く、その日その日に合わせたアプローチ
をとらないと同じワームを隣で使っていても片やポツポツ、隣は連発、といった面白い現象が起きます。
最大の特徴はビギナーからベテランまでスタッフが釣らせるのがとにかく上手い。どうにもならない時は
ペレットまで持ち出す始末(笑)初めてバスが釣りたい、ストライパーを掛けたい、アメキャと遊びたい等々、
スタッフさんにお願いすると気持ちよく対応してくれます。また、ベテランでも「釣れないよー」と
ヘルプを出すと的確なアドバイスをくれます(目の前でポンポン釣られるwww)
 池のコンディションは日によって全く変わってきますが何故かスタッフさんたちはその日の釣れるアプローチ
を把握しているので、その引き出しの多さにはビックリします。私もいい勉強をさせてもらえました。
独りでその日の当たりパターンを見つけるのも楽しいですが、単純に「一年分のバスが釣りたい!」とか
数を求めるならとにかく素直になってアドバイスを聞くと吉。
 魚のコンディションは並、というか若干元気が無く、パル佐野のような突っ込むようなファイトはありません。
ひたすらバシャバシャやって勝手に疲れて上がってきます(笑)
パル佐野に比べハードでもハメやすいのも面白いですね。周りが釣れない中でGTでも狙ってるのか?と
思うほどのハードジャークで連発する人もいるので食わせorリアクションのどちらか極端にふると良いのかも
しれません。
 ブログの記事は・・・うん、まあ察してください。もちろん嘘はついてないですが・・・商売上手だなー(笑)
 
 で、ラストは皆気になる(?)AGSガイド移植について
 感度が上がるという、うたい文句は???です。少なくとも私はその恩恵にはあずかれませんでした。
2万円のチタンSICと35000円のAGS搭載機種、どちらか選べ、と言われれば私は間違いなくチタンSICを
選びますね。(雑に使ってもガイド折れたりしないし)
 AGSが悪いのではなく単純に長年かけて熟成してきたチタン(ステンも)のガイドセッティングノウハウが
AGSでは全く通用しませんでした。今回の新作「GルーミスIMX改AGS」という何がやりたいんだ?という竿は
何とか形にはなりました。ちなみにコンセプトは「高弾性で巻物は乗せてワームは弾く」という禅問答のような
竿(笑)しっかり魚を掛けてあとはあなた次第よ、という突き放したツンデレ感満載の竿です。
テーパーの美しさはさすがルーミス。大物がかかってもブランクが「つ」の字にのされることもなく
半円をきれいに描きます。それでいて小物も楽しめる懐の深さ。・・・ああ、チタンSICで組めば良かった(笑)
 
 長らくお読みいただきありがとうございました。肝心の写真ですが・・・2日目にバッテリーが死んだため
なるべく良い絵の魚を載せておきますね。


 

10月13日(土)いつでもヒーロー様の釣果情報です。


●釣行日:10月13日
●魚種:スモールマウスバス
●サイズ:40cm
●場所:桧原湖
●ルアー:ライトキャロ

●釣行日:10月13日
●魚種:スモールマウスバス
●サイズ:38.5cm
●場所:桧原湖
●ルアー:ライトキャロ

●釣行日:10月13日
●魚種:スモールマウスバス
●サイズ:38.5cm
●場所:桧原湖
●ルアー:ライトキャロ


10月14日(日)サクラシアン様の釣果情報です。







●釣行日:10月14日
●魚種:ラージマウスバス
●サイズ:17cm~25cm
●場所:霞ヶ浦
●ルアー:スモラバ


10/12(金)&10/13(土)ようへい様の釣果情報です。


●釣行日:10月12日
●魚種:シーバス
●サイズ:48cm
●場所:東京湾奥
●ルアー:ダイワ=モアザン シャロール115F-SSR

●釣行日:10月13日
●魚種:クロダイ
●サイズ:40cm
●場所:東京湾奥
●ルアー:ダイワ=モアザン シャロール115F-SSR


10月10日(水)サクラシアン様の釣果情報です。


●釣行日:10月10日
●魚種:スモールマウスバス
●サイズ:34cm
●場所:多摩川
●ルアー:ジグヘッドリグ


10月9日(火)サクラシアン様の釣果情報です。


●釣行日:10月9日
●魚種:スモールマウスバス
●サイズ:48cm
●場所:多摩川
●ルアー:ジグヘッドリグ


10月3日(水)RYO様の釣果情報です。


●釣行日:10月3日
●魚種:ラージマウスバス
●サイズ:47cm
●場所:高滝湖
●ルアー:キャロライナリグ


10月7日(日)GOH様の釣果情報です。


●釣行日:10月7日
●魚種:スモールマウスバス
●サイズ:35cm
●場所:多摩川

●釣行日:10月7日
●魚種:スモールマウスバス
●サイズ:35cm
●場所:多摩川


10月6日(土)キラ★カワグチコ様の釣果情報です。


●釣行日:10月6日
●魚種:シーバス
●サイズ:76cm
●場所:夷隅川
●ルアー:ラパラ=CD7

※この日は短時間で64cm~76cmを4匹釣ったそうです。


2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

このページのトップへ戻る